チョコレートというキーワードが入っていますが、チョコレートとは別のおはなし。
チョコレート嚢腫。

どういった病気かというと、子宮内膜症の一種。

子宮内膜症をご存知でしょうか。

子宮内膜症のほうは子宮内で、チョコレート嚢腫は卵巣内で起きる子宮内膜症のことです。


あまりたとえはよくありませんが、卵巣に溜まったドロドロの血が見た目チョコレートのようなので、
チョコレート嚢腫と呼ばれるようになったそうです。

チョコレート嚢腫になる女性は増加傾向にありますが、原因はよくわかっていません。
ただいえるのはストレスがキツい世の中であることが関係しているということ。

どんな病気でもそうなのですが、ストレスは病気の発症に大いに関わります。

チョコレート嚢腫は痛みを伴います。

月経痛、腰痛、性交痛などといった腰まわりの痛みがあります。

子宮がんの検診を受ければチョコレート嚢腫は発見できますので、年に一度のがん検診は怠らないようにしたいものです。