ゴンチャロフは神戸の洋菓子屋さんなので、日本人の口に合うちょうどいい甘さのチョコレートが揃っていて安心。外国の高級チョコだとたまにすごく甘いのがあったりしますからね。
値段も高すぎないのに可愛くて美しいし、贈り物にもバレンタインギフトにもちょうどいいです。パッケージもかわいくて、コラボものも素敵です。

日本のメーカーなのになぜロシア名のゴンチャロフかといえば、創業者がゴンチャロフさんだから。マカロフ・ゴンチャロフさんという方なのです。

さて、ロシアつながりで、チェブラーシカゴンチャロフのコラボチョコレートがバレンタインに向けて登場しています。

ゴンチャロフのバレンタインギフト

これがまたかわいい〜!!
チェブラーシカ好きのひとならきっともったいなくて食べられないのではないでしょうか?

チェブラーシカ&ゴンチャロフ」は百貨店のオンラインサイトで注文できます。高島屋大丸松坂屋三越伊勢丹・阪急・阪神など。
洋酒は使っていませんからお子さんもだいじょうぶ。
》 》 大丸松坂屋でゴンチャロフを見る

もちろん、チェブラーシカばかりではなく、ゴンチャロフのチョコレートもごらんください。

たとえば猫好きのかたに贈るなら「ゴンチャロフ アンティキテ」。
肉球のチョコなんかもうキュンとしちゃいますよね。

ゴンチャロフ アンティキテ


わたしが最近いただいたのはゴンチャロフのこのチョコレート。大丸松坂屋通販からです。

ゴンチャロフのチョコレート

お酒の入ったチョコがないから、こどもが見た目で選びながら食べるのを安心して見ていられます。
ゴンチャロフのチョコレート

》 》 大丸松坂屋でゴンチャロフを見る