「バレンタインデー=チョコレート」の歴史とはいっても、そもそもバレンタインデーにチョコレートというつながりがメインになっているのは日本だけです。
外国から見れば、かなり風変わりな習慣です。
チョコレート


バレンタインデー
を祝うたいていの国ではプレゼントは男が女に渡すもの。
アメリカでは花束とカードが多いそうですね。
プレゼントよりふたりでディナーということでもオーケー。


さて、そんな日本のバレンタインチョコですが、歴史はとても浅いです。
江戸時代でも明治時代でも、大正時代でもまだそんな風習は生まれていません。

バレンタインのチョコプレゼントを仕掛けた仕掛人は一説によるといまも健在のメーカー「メリーチョコレート」の社長さん。
なんと昭和33年のこと。
伊勢丹のデパートで「バレンタインにはチョコを贈ろう!」とキャンペーンを打ち、大ヒット!


ではなく、

初年は3枚しか売れずにへこんだそう...。


でもそれからも広告をし、戦略を練り、女性の雑誌を使い、宣伝をくり返し、あきらめず努力を重ねることで、この現代のチョコレート狂乱を作り出したのです。

節分の恵方巻きだとか、最近は年越しそばの次の年明けうどんとか、そういうものもメーカーの戦略によって作り出されていきます。


でも、やっぱりバレンタインにはチョコレートですよね。
メリーチョコレートの社長の努力がなかったら、こんなに素敵なチョコレートの進化はなかったかもしれない。

しかし、昭和30年にはバレンタインのチョコがなかったなんて思えない...。